読み取り3:意訳してみよう



今回の課題は3回目となるルナ先生の小話動画の読み取りです!

話の内容を意訳して文章に書き起こしてください。


頭の中でおおよその内容がわかっていても、それをいざ文章にするとなると、また違った難しさがありますよね。前回、前々回の読み取りでは何を省略してどこまでを日本語にするのか、悩まれた方が多かったようです。



👉ロジックフォロー

「意訳」と「直訳」の違い


  意訳:一語一句にとらわれず、文全体の背景やニュアンス、流れを意識しながら、読みやすい自然な文章にすること


  直訳:一語一句すべてを忠実に翻訳すること



手話がわからない人、また、この動画を観ていない人にも同じ内容が分かりやすく伝わるような文章にまとめてみてくださいね!



※スマホの場合は縦画面にしてご覧ください。



解説とベスト解答賞

宿題を提出してくださった皆さま、ありがとうございます!

ルナ先生の小話はいかがでしたか?


テーマは「世界一臭い食べ物」でしたが、試してみたくなった方はいらっしゃいますか? スウェーデンのシュールストレミング、韓国のホンオフェ、私はどちらも想像だけに留めておこうと思いました😅


皆さまからいただいた解答はどれも素晴らしく、ほぼ相違なく読み取ってくださっていました。その中からベスト解答賞を選ぶのはとても難しかったのですが、今回は課題にあった「意訳」という面から選ばせていただきました解答をご紹介いたします!


 

👑佐々木様


今回のテーマは、「世界一くさーい食べ物」です。世界一といえば、スウェーデンの缶詰。知ってますか?シュールストレミングです。スウェーデンの言葉で、シュールは酢、酸っぱい。ストレミングはニシンという魚を意味します。ニシンは甘じょっぱい美味しい魚ですよね。スウェーデンでは、缶詰を開ける際、家の中で開けてはいけません。外で開けます。開けた瞬間、とっても強烈な匂いが周囲を漂い、ドブ臭くて吐いてしまう人もいるくらいです。ゴム手袋やゴーグルをつけて開けます。中には魚が入っていますが、美味しく食べられない、吐いてしまう人はアルコール度数の高いウォッカなどのお酒に漬けて置いておくと匂いが消えておいしく食べられます。もし、食べてみたいと言う人はお土産で購入できます。

ただし!空輸は気圧の変化で缶が破裂すると大変なので、1月程かけて船で輸送します。皆さんは食べてみたいですか?どうかな?

シュールストレミングを詳しく調べると、健康に良いらしいです。コレステロールを下げたり、胃の働きを整えたりと、オメガ3の効能があるようです。

 世界一はさっきお話したスウェーデン。2位は韓国のホンオフェ。エイの切り身を長期間つけたもので、韓国では結婚式などお祝いの席で振る舞われます。あまりの匂いに泣きながら食べる人もいるとか。知ってました?

 日本では納豆がありますね。同じく臭い食べ物ですが、他の国のものとはレベルが低いです。スウェーデンのシュールストレミングは桁違いの臭さです。いつか試してみてはどうでしょう。


 

ベスト解答賞の佐々木様にはルナ先生からのメッセージ動画をお送りします✨

また提出してくださった皆さまへの特典は次回ブログにて、今後の宿題についてのご案内と一緒にお知らせさせていただきます!今しばらくお待ちください😊


イベントや宿題へのご意見、ご要望は随時お待ちしております。            メール、LINEまでお気軽にどうぞ💌      


Mail:nokcafetokyo@gmail.com